経営の要素と構造を知り、成功し続けるための「設計図」を描く『経営の12分野』セミナー。プレジデントアカデミー会員の方は《会員価格》にてご受講頂けます。
■ 浜口隆則の経営論 Vol.4:90点の誘惑 ■







 90点というのは、怖い数字だ。


 なぜなら、提供者側は、それで満足してしまうことが多いが、
 受益者側(お客さん)は、それで満足することは
 絶対にないからだ。


 人がお金を払う時、90点で良いとは思っていない。
 しかし、提供者の多くは、90点で満足してしまう。
 この意識の差が、失敗を生む。


 仕事は、学校のテストとは全く違う。
 90点だからなかなか良かった、なんて考えてはいけない。
 100点を取っても、喜んではいけない。


 お客さんは、100点で【当然】だと思っている。
 仕事の世界では100点が当たり前なのだ。


 お客さんの期待は、対価を払っている以上、
 100点なのである。


 それを分かっていない経営者が多過ぎる。
 だから、失敗してしまう。


 90点で「まあイイか」と思っていないか?
 90点で満足していないか?
 90点の誘惑に負けていないか?


 90点で満足することは、とてもラクだ。
 しかし、それで満足させられるのは自分自身だけだ。
 お客さんではない。


 90点で満足するのを、今日からやめよう。

 ― 浜口隆則・著『社長の仕事』より


Special Events - 特別企画 -