経営の要素と構造を知り、成功し続けるための「設計図」を描く『経営の12分野』セミナー。プレジデントアカデミー会員の方は《会員価格》にてご受講頂けます。

Column.1 『社長の仕事』より


「 雪が降っても、自分の責任 」くらいに考えているか?
私たちは、失敗する。必ず、失敗する。理想を目指せば、日々、うまくいかないことだらけだ。それが経営の現実。しかし、それは他の誰の責任でもない。すべては、経営者である私たちの責任だ。失敗するのには、理由がある。うまくいかないのには、…続きを読むLinkIcon

「 偶然の成功 」に胡座をかいていないか
経営の成否は、経営者の実力で決まる。長期的に考えれば、それは真実。しかし、短期的には、真実ではない。経営は面白いもので、経営者の実力に関係なく、うまくいくことがある。成功するための要因が、たまたま揃っていたり、時流やブームに…続きを読むLinkIcon

耳を、ふさいでいないか
素直でいることは、難しい。なぜなら、人が教えてくれる様々なことを、素直に受け取ってみるのでなく、拒否したほうが「自分を持っている」という「感じ」がするからだ。
続きを読むLinkIcon

90点で満足していないか
90点というのは、怖い数字だ。なぜなら、提供者側は、それで満足してしまうことが多いが、受益者側(お客さん)は、それで満足することは絶対にないからだ。
続きを読むLinkIcon

自分を上位1%の人間と勘違いしていないか?
数千人という経営者を見てきて、分かったことがある。それは、成功できる力を最初からフルで持っている人は、全体の【1%】しかいないという事実だ。つまり、残りの【99%】は、
続きを読むLinkIcon

あなたの「当たり前」は大丈夫か?
「当たり前」の受け止め方は、経営者のレベルによって全く違う。成功し続ける経営者は「当たり前」を「出来ているか否か?」という基準で省みる。そういった厳しい刃を、
続きを読むLinkIcon

力を「正しい方向」に使っているか?
ナイフは、人を守るために使える。しかし、人を傷つけるためにも使える。「経営力」も同じ。人を幸せにすることも出来るが、
続きを読むLinkIcon

社員の給与を「人件費」だと考えていないか?
社員に支払う給与は「費用」ではない。費用とは、会社が目的を達成するために使ったお金のこと。つまり「手段」のことだ。だから、給与は費用ではない。人は、手段ではない。
続きを読むLinkIcon

自分の給与を「最初に」取っていないか?
「社長の給与は残り物」これが成功し続ける経営者の考え方。仕事というのは、自分に与えられた役割をまっとうした時に、報酬をもらう権利が生じる。経営者の仕事とは、

続きを読むLinkIcon

公私のケジメをキッチリつけているか?
良い時には、公私のケジメをつけないといけない。悪い時には、公私のケジメなどあったものではない。経営者は、そんな職業だ。例えば、
続きを読むLinkIcon

ナンバーワンを目指しているか?
「顧客第一主義です」そう公言する会社は、多い。「ナンバーワンです」そう公言する会社は、少ない。それは、おかしい。なぜなら、ナンバーワンではない会社は、
続きを読むLinkIcon

バランスをとっているか?
「成功はバランスの中にある」面白くもなんとも無いが、それが、現実だ。しかし、多くの経営者は勘違いをしている。突出した何かだけが「成功要因」だと思っている。
続きを読むLinkIcon

あなたの普段を支えてくれている人に、感謝しているか?
経営は、人が、人のためにやっている、人の活動。だから、長期的には、人を大切にしている人が成功し続ける。ちょっとした成功や意地、間違ったプライドで、
続きを読むLinkIcon

経営の成功とは?
成功とは、幸せになること。経営は、人が、人のためにやっている、人の活動。だから、経営に関わる人が幸せにならなければいけない。儲けることも、大きくなることも、有名になることも、
続きを読むLinkIcon

商売の肯定?
残念ながら、商売をすることが、そのような文脈で語られることがある。そういった社会の文脈が正しいとは限らない。それは歴史が証明している。しかし、人は知らず知らずの間に、影響を受けている。それは、経営者も例外ではない。実は、多くの人が経営で成功できない根源的な理由は、
続きを読むLinkIcon

お金からの逃亡
「お金なんて二の次だよ」そんなことを軽々しく言う経営者に限って、お金に、追われている。お金を扱うのは、簡単ではない。お金を稼ぐのは、簡単ではない。だから、
続きを読むLinkIcon

7つのメンタルブロック
人は誰でも知らず知らずの間に、たくさんのブレーキを心に装着している。その「心のブレーキ」を「メンタルブロック」という。メンタルブロックは、思い込み。過去に正しいと思って獲得した考え方。しかし、
続きを読むLinkIcon

社会貢献という強さ
自分だけが良くなってやろう。そういう、やり方や生き方は、一見、強そうに見えても、どこかに弱さがある。確かに、エゴはエネルギーになり得る。恐怖や欲望に根差した動機は、強い。しかし、
続きを読むLinkIcon



Special Events - 特別企画 -