経営の要素と構造を知り、成功し続けるための「設計図」を描く『経営の12分野』セミナー。プレジデントアカデミー会員の方は《会員価格》にてご受講頂けます。
■ 浜口隆則の経営論 Vol.3:素直さという強さ ■





 素直でいることは、難しい。


 なぜなら、人が教えてくれる様々なことを、
 素直に受け取ってみるのでなく、


 拒否したほうが「自分を持っている」
 という「感じ」がするからだ。


 経営者は「自分」を持っていたい人種だ。
 それはそれで悪いことじゃない。


 しかし、その欲求を簡単に満たそうとするから、
 結局、本当の自分を持てない。


 自分を持っていたいと強く願う経営者は、
 その「感じ」を味わいたいから、


 手っ取り早く「拒否をする」
 「素直にならない」ということを、
 手段として無意識に使ってしまう。


 そうすることで、自分を守ろうとする。


 しかし、素直さを放棄して、拒否から得られる、
 「自分を持っている感」は偽物だ。


 あなたの本来の姿は、今のあなたではない。
 もっともっと成長できる、あなたがいる。


 本当の自分は、もっと先にいる。


 それにもかかわらず、
 今の自分で簡単に満足するのは、もったいないことだ。
 それは社会の損失でもある。


 経営者は成長し続けなければならない。


 会社のためにも、社会のためにも、
 関わるすべての人のためにも、そして自分自身のためにも、
 成長し続けなければならない。


 そのためには、まず、耳をふさぐのを、やめることだ。
 そうやって自己満足の殻に閉じこもるのを、やめることだ。


 本当に「自分を持っている」者は、
 拒否から得られる「自分を持っている感」など必要ない。


 だから、実は、素直になれる人こそ、
 本当の「自分を持っている人」なのだ。


 耳を、ふさいでいないか?
 素直さを、弱さだと勘違いしていないか?


 素直さを、もっと大切にしよう。

 ― 浜口隆則・著『社長の仕事』より


Special Events - 特別企画 -